WiMAX 2+における2つの速度制限について

WiMAX 2+における2つの速度制限について

WiMAXをはじめとするモバイル回線や携帯・スマホのキャリアには「通信・速度制限」なるものがつきものです。たとえばiPhoneなどであれば1ヶ月で使えるのは7GBまでと決められているルールのことです。

これらの通信制限は不当に回線を独占する人をなくすためです。一説にはWinnyやShareといったP2PをWiMAX回線で使う人が多く、それ以外のユーザーの通信が遅くなったためと言われています。

複雑そうに感じるかもしれませんがルールは至ってシンプルです。WiMAX2+には通信・速度制限が『2つ』あります。

月間7GB制限

WiMAX2+では月間のデータ通信は7GBまでと決められています。WiMAX2+とau 4G LTEの直近のデータ通信量が7GBを超えた場合、速度が月末まで送受信最大128kbpsに制限されます。

3日間10GB制限

WiMAX2+とau 4G LTE通信ではデータ量の合計が直近3日間のうちに10GB以上に達すると速度が制限されます。こちらはネットワークが混雑しやすい18時頃~翌2時頃の間のみ送受信最大1Mbpsとなります。

→WiMAX 2+の速度制限は「3日間10GB・夜だけ」

知っておこう!

WiMAX2+とはUQ WiMAXが提供している最新の一番速い通信サービスのことです。

「4×4MIMO」「キャリアアグリゲーション」といった技術によって下り速度で最大440Mbpsまでの通信を実現しています。

従来のWiMAXでは最大40Mbpsが限度だったので10倍以上の進化です。

『ギガ放題プラン』を選べば月間7GBの制限なしで使える

ギガ放題プランを選ぶ
ギガ放題なら月間7GB制限がなくせる!

通常は上記2つの速度制限があるため月7GBまでしか使えないのですが、「ギガ放題プラン」を選べば月間無制限で使えるようになります。通常のプランではなくギガ放題プランを選んでください。

無制限になる分、通常のプランに比べてギガ放題プランはちょっとだけ料金があがります。しかしそれでも速度の速いWiMAX 2+通信を月間上限なしで使えるのは魅力的です。

●WiMAXのプロバイダを選ぶなら
→WiMAXはどれがいい?主なプロバイダ10社を比較してわかったこと