速度制限について

WiMAXの速度制限について

WiMAXをはじめとするモバイル回線には「速度制限」なるものがつきものです。にも関わらずWiMAXでは速度制限なしと謳っている。これは一体どういうことなのかについて解説します。

 

まずはじめに、WiMAXで言っている速度制限なしとは"月間データ通信の利用制限がない"という意味であることをお伝えしておきます。

 

そもそもWiMAXには7GB制限なるものが存在します。いえ、WiMAXだけではなくスマートフォンの3大キャリアなどでもあります。月の使用データ通信量が7GBを超過した場合に、一定レベルの速度まで制限が入るというものです。つまり使い過ぎると遅くなるというわけですね。動画をガンガン見たりオンラインゲームに興じたり、重いデータをダウンロードしたりしているとあっという間に上限に達してしまいます。

 

そんな不便な7GB制限をなくすプランがある。そういう意味で"制限なし"という風に宣伝しているようです。

 

ただし、WiMAXにはもうひとつ速度制限が存在します。それは3日間で3GB超過した際にかかる制限です。これはどの料金プランに変更したとしても外せないものです。

 

これらの制限・規制はWiMAXの通信品質を保つためと説明されています。一部のヘビーユーザー(たとえば24時間パソコンをつけっぱなしにしてデータをダウンロードしているような)によるデータ通信の使いすぎを防ぐためを指します。通信回線とは道路のようなもので、一部のユーザーがずっと使い過ぎると渋滞を起こしてしまいます。

 

誇大広告によって集団訴訟の動きが。

実際のところ、3日間で3GBまでしか使えないということは月間でも60GBまでしか使えないということ。それでは「月間無制限」と謳うのはおかしいんじゃないか?ということから集団訴訟の動きがありました。

 

ユーザーを馬鹿にし続けた「UQ WiMAX」に対する集団訴訟を起こしませんか?※追記あり

 

これを受けてUQ WiMAXがホームページ上に声明を出すほど広がりを見せています。

 

「3日間で3GB」制限に関する今後の対応について

 

結局いまは集めた署名をもって代表者の方が警察へ訴えたところのようです。その後動きがあったかどうかは更新がないので分かりません。しかしとても考えさせられる事件でした。