速度制限について

WiMAXの速度制限について

WiMAXをはじめとするモバイル回線には「速度制限」なるものがつきものです。にも関わらずWiMAXでは速度制限なしと謳っている。これは一体どういうことなのかについて解説します。

まずはじめに、WiMAXで言っている速度制限なしとは"月間データ通信の利用制限がない"という意味であることをお伝えしておきます。

そもそもWiMAXには7GB制限なるものが存在します。いえ、WiMAXだけではなくスマートフォンの3大キャリアなどでもあります。月の使用データ通信量が7GBを超過した場合に、一定レベルの速度まで制限が入るというものです。つまり使い過ぎると遅くなるというわけですね。動画をガンガン見たりオンラインゲームに興じたり、重いデータをダウンロードしたりしているとあっという間に上限に達してしまいます。

そんな不便な7GB制限をなくすプランがある。そういう意味で"制限なし"という風に宣伝しているようです。

ただし、WiMAXにはもうひとつ速度制限が存在します。それは3日間で10GB超過した際にかかる制限です。これはどの料金プランに変更したとしても外せないものです。

これらの制限・規制はWiMAXの通信品質を保つためと説明されています。一部のヘビーユーザー(たとえば24時間パソコンをつけっぱなしにしてデータをダウンロードしているような)によるデータ通信の使いすぎを防ぐためを指します。通信回線とは道路のようなもので、一部のユーザーがずっと使い過ぎると渋滞を起こしてしまいます。