WiMAXルーターはLTE機能なしを選ぼう

WiMAXのルーター選び!制限ギリギリまで使うには"LTE機能なし"を選ぼう

少し前までWiMAXは無制限で使うことができました。しかし、それはWiMAX 2+が登場する前の、旧WiMAX・無印WiMAXなどと呼ばれていた2015年以前の話です。

無印WiMAXは2018年3月に停波される予定なので、今現在はWiMAX 2+対応の3日間制限があるルーターしかほぼ販売されていません。

とはいえWiMAX 2+でもギガ放題プランを選べば3日間10GBまで、1ヶ月で約100GBくらいまでなら制限なしで使えます。

そのためには以下の3つのルールを守ることです。

月間100GBまで制限かからず使う3つのルール
  1. ギガ放題プランを選ぶ
  2. 3日間のデータ通信を10GB以下に抑える
  3. au 4G LTE通信は使わない

WiMAX端末選びでは、とくに3番目の『au 4G LTE通信は使わない』を守るようにしてください。

せっかくギガ放題を選んで、データ容量も守って使っていても、au 4G LTE通信を一度でも使ってしまうとギガ放題の月間無制限が撤廃されその月は7GBまでしか使えなくなるからです。

なのでお勧めするのはau 4G LTE通信機能が付いていない端末を選ぶことです。

2017年10月度 WiMAXルーター最新機種を比較!

項目 モバイルルーター ホームルーター
W04

WX03

novas CA L01
発売時期 W04 W04 W04 W04
対応通信 WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+ WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
通信速度 最大440Mbps 最大440Mbps 最大440Mbps 最大220Mbps
通信時間 12.0時間 10時間 電源接続 電源接続
接続台数 最大10台 最大10台 最大42台
(LANポート2台、Wi-Fi SSID2つ×20台)
最大18台
(有線LAN2台、無線LAN16台)
重さ 140g 110g 490g 317g

▼持ち運びできるモバイルルーター『Speed Wi-Fi NEXT WX03』

Speed Wi-Fi NEXT WX03 NECプラットフォームズ株式会社

【通信回線】WiMAX 2+
【通信時間】約12.0時間
【通信速度】下り最大440Mbps
【サイズ】W99×H62×D13.2mm
【重さ】約110g

現在販売されているモバイルルーターの中でも最大の速度440Mbpsに対応している超高速ルーターです。バッテリーも連続12時間もつので持ち運びにも便利です。

大きな液晶が使いやすく、通信容量も視覚的にわかるようになっているので便利な端末です。

この端末を扱っているプロバイダはココ!
GMOとくとくBB キャッシュバックNo.1 GMOとくとくBB
公式サイトへ
Broad WiMAX シンプルなプランで安い! Broad WiMAX
公式サイトへ
So-net モバイル WiMAX2+ サポートが手厚くて安心! So-net WiMAX2+
公式サイトへ
BIGLOBE WiMAX 2+ 口座振替払いにも対応! BIGLOBE WiMAX 2+
公式サイトへ
ちょっと一言メモ
W04を使ってる画像

モバイルルーターのもっとも新しい機種は「Speed Wi-Fi NEXT W04」ですが、この端末はおすすめできません。au 4G LTE通信が付いていることも理由のひとつですが、それ以外にもうひとつ、バッテリーの持ちが悪いことが理由です。

ハイパフォーマンスモードを使用している場合、W03の連続通信時間が約7.3時間に対して、W04はわずか6.5時間です。バッテリーはWX03が2,890mAh、W04が2,750mAhとなっています。モバイル端末としてバッテリーの持ちが悪いと困ることが多いので、少しでも持ちがいいものを使ったほうがいいでしょう。

▼家で使うのに便利なホームルーターは『novas HOME+CA』

novas HOME+CA 株式会社 シンセイコーポレーション

【通信回線】WiMAX 2+
【同時接続】計18台
【通信速度】下り最大220Mbps
【サイズ】130×69×162mm
【重さ】約317g

自宅でのみ使うことが前提のホームルーター『novas Home+CA』。特徴的な大きなアンテナによって、離れた部屋でもしっかり電波が届き、快適なインターネット環境を構築できます。

WiFiは2.4GHzと5GHzの同時利用が可能なので、家電などとの干渉を受けにくく便利です。

この端末を扱っているプロバイダはココ!
GMOとくとくBB キャッシュバックNo.1 GMOとくとくBB
公式サイトへ
Broad WiMAX シンプルなプランで安い! Broad WiMAX
公式サイトへ
ちょっと一言メモ
L01のモードボタン

ホームルーターのもっとも新しい機種は「Speed Wi-Fi HOME L01」ですが、この端末はおすすめできません。本体にあるボタンを1秒押すだけでau 4G LTE通信に切り替わってしまうため、間違って回線を切り替えてしまう可能性が高いからです。

通常はau 4G LTE通信に切り替わる前にアラートが表示されます。しかしL01はタッチパネルがなく、1秒間長押しするだけで切り替わってしまうの使い勝手がよくありません。

●こちらのページもよく読まれています
→WiMAXはどれがいい?主なプロバイダ10社を比較してわかったこと
→完全無制限でつかえるモバイルルーターってあるの?