WiMAX 2+の速度制限は「3日間10GB・夜だけ」

WiMAX 2+の速度制限は「3日間10GB・夜だけ」!2017年2月2日から大幅規制緩和でより使いやすくなりました。

2017年2月2日にWiMAX 2+の速度制限が大幅に緩和されました。

従来は3日間で3GB以上データ容量を使用すると速度制限の対象となってきましたが、2017年2月2日より3日間で10GB以上使用した場合へと変更になりました。

この大幅な緩和によりこれまで以上にWiMAX2+が利用しやすいものとなりました。

WiMAX 2+通信では3日間で10GB以上データ量を使うと速度制限がはじまります。

この3日間制限は短期間で大量のデータ通信を行うユーザーの「回線の独り占めを防ぐ目的」で設置されています。

このルールを知らずに契約してしまうと失敗してしまいます。あとになって「思っていたのと違う!」とならないようにしっかりと理解しておきましょう!

WiMAX 2+は「3日間で10GBまで」使える!月間で100GB以上もデータ容量が使えるまでに。

WiMAX 2+では、3日間で10GB以上のデータ通信を行うと速度が制限されます。

制限時の速度は『約1Mbps』で、10GBを超えた日の翌日18時頃~翌々日2時頃まで続きます。

表にまとめると以下のような感じです。

WiMAXの3日間制限ルール
制限されるデータ量 直近3日間で10GBを超えたとき
WiMAX 2+とau 4G LTEのデータ量合計
制限時間 10GBを超えた日の翌日18時頃~翌2時頃
ネットワークが混雑する約8時間のみ
制限時の速度 概ね1Mbps
YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度

WiMAX 2+を限界ギリギリまで使い倒すと、『月間100GB以上』使える

3日間で10GBまで使えるということは、限界ギリギリまで使っていれば単純計算で月間100GBまで使えます。

速度制限なしでWiMAXが使えるデータ量
3日間 最大10GBまで
1ヶ月間
(約30日)
最大100GBまで

さらに速度制限されるタイミングが18時頃~2時頃(丸1日ではない)ということや1ヶ月が31日ある月のことなどを考慮すると、月間で100GB以上は使えることになります。

WiMAX 2+の速度制限が緩和された!2017年2月から料金据え置きで使えるデータ量がグッと増える

WiMAX正規の販売元である「UQ WiMAX」は2017年2月02日、公式ホームページ上にて速度制限ルールの変更を発表しました。

それは「3日間で一定量以上のデータ通信を行うと速度制限」される通信制限ルールにて、制限がかかるデータ量を「3GBから10GBへ」と緩和するものでした。

月額利用料がそのままでデータ量だけ3GB→10GBと大幅な緩和となるため、今まで以上の利便性向上と満足度が期待できます。

規制緩和で大きく変わったのは3つ。「データ量」「制限時間」「制限時の速度」だけ!

速度制限は私たちユーザーの生活に大きく関わってくるものです。しっかりと把握したいものですが、どうしてもルールが複雑すぎて情報を追いきれません。

そこでここではこれは抑えたいというものを3つピックアップしました!コレだけ知っておけばとりあえずOKなのでぜひとも読んでもらいたいです。

3日間制限ルールの変更点
変更前 変更後
制限されるデータ量 3日間で3GBを超えた場合 3日間で10GBを超えた場合
制限時間 3日3GBを超えた日の翌日13時頃~翌々日13時頃まで
※丸々1日は低速状態
3日10GBを超えた日の翌日18時頃~翌々日2時頃まで
※ネットワークが混雑する夜8時間のみ
制限時の速度 Youtube動画の標準画質レベルが見れる速度 概ね1Mbps
Youtube動画の標準画質レベルが見れる速度

【変更点1.】データ量が「3GB」→「10GB」へ

もっとも分かりやすい点が何ギガ以上使ったら速度制限されるかです。

今まではずっと3GB以上使った時点で制限でしたが、2017年2月2日から10GBを超えたら制限に変更されました。

【変更点2.】制限時間が「終日制限」→「時間帯制限」へ

3日制限の場合、一度速度が規制されても月末までずっとということはありません。ある程度時間が立つと解消されます。

今までは翌日13時頃~翌々日13時頃までと「丸々1日」ずっと制限されっぱなしでした。それに対して新しいルールでは「18時~26時の約8時間だけ」と大幅に短縮されています。

これはつまり、データ容量が10GBを超えた時点が朝・昼であれば、すぐに制限がかかる訳ではないことを意味します。

【変更点3.】制限時の速度が「明言なし」→「概ね1Mbps」へ

制限時の速度はずっと「Youtube動画の標準画質レベルが見られる程度」というふんわりした言い方をされてきました。

今まではUQ WiMAXに問い合わせても明確な数字を教えてくれなかったものですが、新しいルールでは「概ね1Mbps」と明言されています。これは大きな進歩です。

具体的な数値を発表したということは、多少の誤差はあれどその発表に責任をもつというUQ WiMAXの強い意思の表れでもあるからです。

▼キャッシュバック特典が一番お得なプロバイダ▼

3日間10GBなら月間100GBまで!?いいえ、そんなことはありません。

3日間で10GBまでデータ通信が制限なしで使える。ということは1ヶ月(30日間)なら大体100GBまで使えるってことですね!

いいえ、計算上はそうですが実際は100GB以上使えます。

なぜ100GB以上使えるかというと、先ほども説明したとおり制限時間は丸々1日ではなく混雑の多い夜の8時間に限られるからです。 以下はUQ WiMAX公式サイトより抜粋しました。

Q. 1ヶ月100GBまでしか使えないのでしょうか。

A. 100GBは3日間10GBずつを30日間使用した場合の目安のデータ量となります。
実際には、制限時間が翌日18時頃から翌々日2時頃※までの約8時間に限られることから、100GB以上のご利用も可能です。

※2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。

速度制限になると通知がくる!WiMAXの「データ量通知サービス」が使える。

さらにUQ WiMAXでは3日間で10GBを超えてしまった時に通知がくる「データ量通知サービス」を開始したと発表しました。

このサービスを利用するにはWiMAXで契約しているプロバイダ、使っているルータの識別用番号(電話番号)、ICCID、メールアドレスを登録する必要があります。

もちろん、ルータには使ったデータ量が計測されるようになっていますが多少の誤差があります。それに実際に制限がかかっている状態かどうかはルータの画面などからは判断がつきません。なのでこういった正式なサービスがあるのは非常にありがたいです。

※なお、速度制限にかからないように警告してくれるサービスではないのでご注意ください。

速度制限の通知がきたときはどうすれば?夜のWiMAX利用は控えればOK!

事前に速度制限を防げないのでは意味がないと思われるかもしれません。しかしこのサービスの真の意義はほかにあります。

それは『速度制限が通知されたら夜(18時~26時)の使用は控えること』です。

今回の規制緩和によって3日制限は夜だけ適用されるようになりました。なのでもし制限中であっても3時~18時であればまったく速度が遅くなることなく利用できるわけです。つまりいま速度が制限されていると分かれば夜の利用は控えることで速度が遅いことにイライラしなくても済むわけです。

実際に通知がなければ、WiMAXが制限されていて遅いのか、ただ単に電波がつながりにくくて遅いのか分からないですから。

▼豪華特典が魅力的なプロバイダ▼

●色々なプロバイダから選ぶなら
→WiMAXはどれがいい?主なプロバイダ10社を比較してわかったこと