WiMAX2+速度制限が一番分かるサイト

WiMAX 2+は2018年7月現在、"完全無制限"で使うことはできません。しかし…

WiMAXは"完全無制限"で使うことができません。というよりモバイルWi-Fiで速度制限がないサービスは現状ありません。

しかしWiMAXは、その中でもかなりマシな部類であり、使い方次第ではほぼ速度制限にかからず使うこともできます。

どういうこと?と思われたかもしれません。

順を追って説明しますのでまずは読みすすめてみてください。

"ほぼ速度制限にかからない"ってどのレベル?

ここでいう"ほぼ速度制限にかからない"というのは、100GB程度は制限なしで使えることを指します。工夫次第でWiMAX2+は100GBまで使えます。

100GBもあればよっぽどヘビーユーザーでもない限り、満足できるデータ容量なのではないでしょうか。

そもそもWiMAX2+には3日間で10GBまでしかデータ通信を使えないとうルールがあります。とても不便で窮屈なルールではありますが、逆にいえば3日間で10GBまでは制限なしで使えるわけです。では30日間では100GBまで使えるということですよね。

しかも万が一3日間で10GBを超えた場合でも、制限される時間帯はネットワークが混雑する18時頃~翌2時頃の約8時間です。そのため実際には100GB以上使えることがほとんどです。

WiMAX 2+を月間100GBまで使う具体的な方法は?

以下3つのルールを守れば、一度も3日間の速度制限にかからずにWiMAX2+を使うことができます。

月間100GBまで制限かからず使う3つのルール
  1. 「ギガ放題プラン」を選ぶ
  2. au 4G LTE通信は使わない
  3. 3日間のデータ通信を10GB以下に抑える

たったこれだけで通信制限で困ることがなくなります。誇張でもなんでもありません。まずは先を読み進めてみてください。

1:ギガ放題プランを選ぶ

通常プランとギガ放題プランの比較
ギガ放題なら月間7GB制限がなくせる!

WiMAXには通常プランとギガ放題プランの2種類がありますが、選ぶとしたらマチガイなく『ギガ放題プラン』を選びましょう!

料金プランの選択

【通常プラン】

月間データ容量:7GBまで

【ギガ放題プラン】

月間データ容量:無制限

\1日あたり約21円で変更可/

2:au 4G LTE通信は使わない

au4GLTEに切り替えるとアラートが表示される

端末によってはWiMAX 2+通信だけでなくau 4G LTE通信も使えるものがあります。

このLTE通信は電波の入りがいいというメリットがある一方で、一度でもONにするとデータ使用の上限が月間7GBまでに固定されてしまデメリットがあります。たとえギガ放題プランでも同じです。

ですからデータ通信をたくさん使う人は、絶対に手を出してはいけない代物なのです。知らずにつかって「なんか今月は回線が遅いなぁ」なんて事態になりかねませんよ。

もちろんau 4G LTEに自動で切り替わることはありませんし、ONにするときは必ずアラートメッセージが表示されるので安心してくださいね。

3:3日間のデータ通信を10GB以下に抑える

データ通信カウンターを3日間に切り替える
データ通信量カウンターを「3日間」表示に切り替え

3日間で10GB以下にデータ使用量を抑えるには常にいま使ってる容量をチェックする必要があります。

つかったデータ容量を把握しておくためには、ルーターのデータ通信量カウンター表示を「1ヶ月」から「3日間」に切り替えておく必要があります。

やり方はどのルーターでも大体同じで、上記画像のような手順で切り替えることができます。

---

もう一度まとめておきます。以下の3つのルールを守れば、WiMAX 2+は通信・速度制限の影響を受けずにストレスなく使うことができます。

月間100GBまで制限かからず使う3つのルール
  1. ギガ放題プランを選ぶ
  2. au 4G LTE通信は使わない
  3. 3日間のデータ通信を10GB以下に抑える

↓ ↓ ↓

【検証】10GBのデータ制限はどれくらいで到達する?

さてここまでWiMAXを月間100GBまで使い倒す方法を紹介してきましたが、一番ネックになる部分が『3日間でデータ通信を10GB以下に抑える』です。

公式からは以下のように発表されています。

10GBのデータ通信でできること
3日間 1日あたり
メール送受信
(1通あたり500KB)
約20,900通 1日あたり6,967通
ホームページ閲覧
(1ページあたり300KB)
約34,900ページ 1日あたり11,633ページ
動画の視聴
(1分あたり4MB)
約47時間 1日あたり15.7時間
音楽のダウンロード
(1曲あたり4MB)
約2,500曲 1日あたり833曲

でも実際につかってみないとその通りのデータ消費はわかりません。

ということで実際にデータ通信してみてどのくらい消費するのかを検証していきたいと思います。

【検証①】Amazonプライムビデオで映画の視聴

2時間を超える映画をみるとどのくらいのデータ容量を消費するのでしょうか。今回は2007年に公開された大人気作「トランスフォーマー」をAmazonプライムで視聴してみました!

映画の視聴時間は2時間23分。AmazonプライムをつかってiPad miniより視聴しました。

結果は3.16GBのデータ消費となりました!
やはり映画ともなると大容量のデータ通信が発生することが分かりました。映画を3本見たら9GB以上のデータ消費になる計算です。

まとめ
  • 映画(2時間23分)でのデータ消費は3.16GB
  • 1日1本映画をみても約9.5GBで、3日制限にはかからない!!

【検証②】YoutubeでMV視聴

今や音楽をYoutubeで聴く人は多いと思います。アーティストの公式ミュージックビデオが多くアップされているので、それを視聴するのにどのくらいデータ容量をつかうのかを調べてみました。

Youtubeには自動再生をつかって、ミュージックビデオ(MV)を30分間流しっぱなしにしてみました。

その結果は150MBのデータ消費となりました!標準画質の自動設定(360p)です。
映画ほどではありませんがやはりデータ消費はそこそこあります。使いすぎには注意しましょう。

まとめ
  • YoutubeでMVを30分間みたときのデータ消費は150MB

【検証③】アプリのダウンロード

スマホのアプリをダウンロードするのも容量を使います。データサイズが大きめのアプリを落としたときに、どのくらいデータ通信をするかをチェックしたいと思います。

人気の音楽アプリ「Spotify」をダウンロードしてみます。アプリ情報にはデータサイズ92.9MBと書かれています。

その結果は90MBのデータ消費となりました!ほぼアプリのサイズ表記と同じくらいのデータ消費でしたね。
アプリのダウンロードも意外にデータ消費するので、何個もポンポン落とさないように注意しましょう。

まとめ
  • アプリ(Spotify)をダウンロードしたときのデータ消費は90MB
  • 複数のアプリをダウンロードするのは注意
  • アプリの更新もデータ容量をつかうので注意

【検証④】スマホゲームをプレイ

ゲームではデータ通信を頻繁につかいます。スマホでゲームする人も多いと思いますので、実際にどれくらいのデータ通信量をつかっているのかを把握しておきましょう。

今回検証したのは「ディズニーツムツムランド」というアプリです。ストアランキング上位にある人気ゲームです。
30分間プレイした結果は、150MBのデータ消費となりました。けっこう容量をつかいますね。

まとめ
  • ディズニーツムツムランドを30分プレイしたときのデータ消費は150MB

【検証⑤】ニュースアプリをつかう

スマホで最新ニュースをチェックする人も多いでしょう。実際にアプリでニュースを読んだときにどのくらいのデータ消費があるのでしょうか。

今回検証したのは「スマートニュース」というアプリです。テレビCMもやっている人気のニュースアプリです。
このアプリで30分間ニュースを読んだ結果は、100MBのデータ消費となりました。

まとめ
  • スマートニュースで30分ニュースを読んだときのデータ消費は100MB
  • 動画ほどのデータ消費はなし

【検証⑥】アプリで漫画をよむ

ここ最近、漫画アプリが人気です。無料で人気コミックが読めるとあって多くの人が利用していますが、動画などと違ってマンガデータはどのくらいデータ通信量をつかうのでしょうか。

今回検証したのは「マンガワン」というアプリです。小学館が提供するマンガ・雑誌アプリです。
このアプリで30分間マンガを読んだ結果は、50MBのデータ消費となりました。動画ほどデータ消費はありませんでした。

まとめ
  • マンガワンで30分漫画読んだときのデータ消費は50MB
  • 動画ほどのデータ消費はなし

WiMAXのデータ通信の消費まとめ

検証結果
  • 映画を視聴(2時間超) → 3.16GB消費
  • YoutubeでMV視聴(30分間) → 150MB消費
  • アプリダウンロード → 90MB消費
  • スマホゲームをプレイ(30分間) → 150MB消費
  • ニュースアプリみる(30分間) → 100MB消費
  • 漫画アプリをみる(30分間) → 50MB消費

以上の検証結果をふまえて、WiMAX2+の速度制限が使えるかを考えてみてください。

制限は3日間で10GB以上つかったときにかかります。もっともデータ消費が激しい映画でさえ3.16GBなので、多くの人にとっては十分すぎるほど余裕があるでしょう。普通につかっていたらほぼ3日10GB制限は到達しないと思ってもらってもいいかもしれません。

以下は管理人が実際につかってるWIMAX2+の利用状況です。

用途は主に出先で仕事(調べ物、メール)や、自宅にてYoutube視聴、ネットサーフィンなどですが、3日10GBなんてとても使い切れていません。それどころか3GBで十分なときもあります。

懸念されるとしたら以下のような使い方をするヘビーユーザーです。

  • 映画を毎日1本はみる人
  • Youtubeを一日中流しっぱなしにしてる人
  • 大容量のデータやアプリをたくさんダウンロードする人
  • WiMAXでオンラインゲームをする人
  • WiMAXを複数人でつかう

とくに自分一人ではなく家族など複数人でつかう人は注意しましょう。たとえライトなユーザーであっても、複数人が同時にデータ通信をするため3日10GB制限に引っかかる確率が高くなります。

↓ ↓ ↓

通信・速度制限についてより詳しくしりたい方は「WiMAX 2+における2つの速度制限について」のページをご覧ください。基本的な制限のルールに加え、今回(2017年2月)の変更点もあわせて詳しく解説しています。